オススメ記事
クラシック好き必見!「神童のピアニスト」シューマンの生地ツヴィッカウ シューマンハウスに潜入
スポンサーリンク

 

Servus,

どうもナカガワです。

今日は南ドイツで使われる挨拶に変えてみました!

 

さておき、今回は「神童のピアニスト」と呼ばれたロベルトシューマンの生地Zwickau(ツヴィッカウ)のシューマンハウスに行ってきました。

写真が多いので、音楽の授業が苦手だった方でも読みやすいと思います。

(ちなみに私は学生時代、音楽のテストは苦手でした笑)

 

ツヴィッカウは田舎ですが、実は最近900年記念を迎えたかなり古い町です。

 

ューマン年表

ロベルト・シューマン(ドイツ)
Robert Schumann(1810〜1856)

ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。

交響曲から合唱曲まで幅広い分野で作品を残しており、特にピアノ曲と歌曲の評価が高いです。

 

1810年 6月8日にツヴィッカウ市で生まれる。

1817年 Johann Gottfried Kuntsch(ヨハン・ゴットフリート・クンチュ)の下でピアノレッスンを始める

1819年 9月13日ライプチヒでクララ・ヴィーク誕生

1826年 父 August Schumann (アウグス・シューマン)の死

1829年 ハイデルベルグ大学生活

1832年 指の麻痺によりピアニストを断念

1834年 雑誌 Neue Zeitschrift für Musik (新音楽時報) 設立

1835年 クララとの恋愛

1840年 イェナ大学で博士号取得, 9月12日結婚, 138の歌曲を作る

1841年 交響曲第1番「春」 (変ロ長調作品38) 作曲

1844年 1月から5月までロシア旅行 12月ドレスデンに移る

1848年 ドレスデンに合唱団を設立及び指揮担当

1849年 もっとも多くの曲が生み出された年

1850年 デュッセルドルフ市音楽長に就任、交響曲第3番「ライン」(変ホ長調作品97)チェロ協奏曲(イ短調作品129)完成

1854年 幻覚症状、2月27日に亡くなり、ボン市に埋葬される

1873年 1855年よりコンサート活動を再開したクララが多数のコンサート旅行

1896年 5月20日クララの死、ボン市に埋葬される

 

※シューマンハウスに無料の日本語の説明書あります。

説明書には上記の簡単なシューマンの年表からシューマン生涯について書かれています。



入り口

  

館内のピアノ

 

 

かつてのコンサート情報

Geburtszimmer【シューマンが生まれた部屋】



Youtube動画

館する際の注意

入館の際はしっかり下記の決まりを守りましょう。

コロナ期間の注意事項
  • 体調が悪い場合は入館をやめること。
  • 入館の前にアルコール消毒をすること。
  • マスクの着用(口と鼻をしっかり隠す)すること。
  • 隣の人と1.5m距離をあけること。

 

業時間

Robert Schumann House

 

HP  https://www.schumann-zwickau.de/en/index.php

営業日 火-金 10:00 - 17:00 / 土日祝 13:00 - 17:00

※休館日〔月曜日, Karfreitag(聖金曜日), 12月24日,31日〕

電話番号 +49 375 834406 

住所 Hauptmarkt 5, 08056 Zwickau

大人  5ユーロ/1人あたり

割引  3ユーロ/1人あたり  ※18歳以上の生徒, 学生

月の最初の水曜日 入場料無料

 

 

Frührung(館内ガイド)

ドイツ語

1時間〔営業時間内〕:35ユーロ/1人あたり

1時間〔営業時間外〕:75ユーロ/1人あたり

 

英語又はその他言語 ※要問い合わせ

1時間〔営業時間内〕:45ユーロ/1人あたり

1時間〔営業時間外〕:90ユーロ/1人あたり

 

+入館料が発生するから注意!

 

き方

車をお持ちの方

ナビをCONTI PARK park centerを入力しよう!

営業時間  24時間営業

料金  1ユーロ/1時間あたり

1日(24時間利用)最大5ユーロと格安

 

電車で行く

Zwickauに来るにはLeipzigを経由しなければなりません。

Leipzig HBFから30分に1本に普通列車が出ています。

区間 Leipzig Hbf ⇄ Zwickau(Sachs)Hbf

利用列車 S5 , S 5X S 5Xが準急になります。

所要時間 S5 約1時間40分 / S 5X 1時間18分

料金 Sparpreisは17ユーロ, Flexpreisは22,50ユーロ/片道あたり

 

ツヴィッカウ中央駅からシューマンハウスまで
  • 徒歩で約20分
  • タクシーで約5分 (約10ユーロ)

 



とめ

私自身クラシック音楽は完全に初心者です。

コンサートで聴くことは好きですが、正直なところ歴史までは興味はありませんでした。

ただ音楽を聴くだけでもかなり楽しめますが、少しでも歴史を学ぶことでまた違った風に音楽が体に染み渡るのかなと思い、今回重たい足を運んでみました。

この博物館や美術館に限らず、実際に目で見るとなぜか不思議と吸い込まれていくんですよね。

これからも多くの音楽家の歴史を少しずつ知れたらまた一つ世界観が変わると私は思ってます。

ドイツには数多くの有名音楽家がいるので、ぜひお気に入りの音楽家の歴史学んでみませんか?

 

 

CIAO

ナカガワ

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事