オススメ記事
【ドイツスーパーマーケット事情】知らないと損する 買い物する際の注意点 日本との違いとは?
スポンサーリンク

 

Guten Morgen,

どうもナカガワです。

 

旅行でドイツのスーパーマーケットに行った際の注意点をご紹介します。

日本と違う部分も多いので、現地で戸惑うこともあるかと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

現地のスーパーに行くことで、安く購入できる上、ローカルの生活感を実際に感じることができるのでオススメします。

 

ドイツのスーパーマーケット注意点

業時間

毎日遅くまで営業をしている日本とは違い、ドイツの営業日・営業時間には驚きます。

営業日は月曜日〜土曜日の営業時間は7時〜22時頃です。

※田舎のスーパーマーケットになると20時に閉まることもあります。

え?日曜日営業してないの?
こう思ったのではないですか?

 

スーパーマーケットに限らず、レストランやカフェなどの飲食店以外は日曜日に基本営業はしていません。

※もしドイツに来られる時は日曜日着または土曜日の夜着の便でくるとショッピングができないので注意が必要です。

 

1度入ったら出られない・・・

 

ドイツのスーパーは一度入ったら出られません・・・

 

入り口にこのようなゲートがあり、一度入ったら、レジまで行かないと出ることができない仕組みになってます。

どこからでも出れる日本のスーパーとは違うので逆走しないように注意が必要です。

 

お目当てのものがなく何も購入しなかった場合は、レジ横をそのままスルーすれば問題ないです。

レジのスペースは狭いため、もし人が並んでいる際はこれを言えば大丈夫です。

Entschuldigung!【エントュルディグング】:すいませーん
Darf ich durch?【ダルフ イヒ ドゥルヒ】:通っていいですかー?

 

旅するように、暮らしたい。「MILESTO」

 

い物かごは入り口前かレジ

 

日本で買い物する際はいたるところに買い物かごが置いていますが、

ドイツでは買い物かごはレジの前か入り口です。

ショッピングカートを利用する際は硬貨(50セント, 1ユーロまたは2ユーロのみ)を入れることで利用が可能です。

 

もちろん利用後は返金されるのでご安心ください。

品や価格には注意

ドイツでお水を買ったはいいけど炭酸水だった

 

こんな経験した方いるのではないですか?

まず一番、商品で注意が必要なのは「お水」です。

旅行する際、必ずお水は購入するのでここはしっかりと押さえておきましょう!

 

お水にはかなり種類があります。ざっとこんな感じです。

水の種類
【炭酸なし】
Stils 
Naturell
【炭酸あり】※違いはこんな感じ
Sprudel (炭酸の強さ指定なし:炭酸ありの表記)
Medium (少し炭酸)
Classic (普通に炭酸)
Spritzig (めっちゃ炭酸)

 

野菜買ったけど、料金全然違う・・・

 

野菜や果物類の料金表記は2パターンあります。

日本と同じように1個あたりこの値段という場合と100gあたり,1kgあたりなどグラム数で表記しているので注意が必要です。

※特に果物、キャベツや白菜などは注意です。

 

野菜や果物が腐っている・・・
普通に傷んでいるものや腐った商品が陳列しています。
かごに入れる前に商品を手にとって一周ぐるっと確認した方がいいです。
3個入りなど複数入っている場合はだいたいその1個は傷んでいる可能性がありますよ!
卵を買ったはいいけど割れている

ドイツの卵は以外と割れてます。

ちょうど買い物中に発見!
上が割れている場合はいいですが、
たまに下側が割れているのでしっかり確認して!

 

レジの定員が優しければ確認してくれますが、確認してくれない場合が多いです。

購入する際は、蓋を開けて、割れてないかチェックする必要があります。

 


袋は完全有料

最近では日本でも買い物袋は有料になっているところがありますが、ドイツは100%有料です。

10〜30セントの紙袋からビニール製のが1ユーロほど、コットン製のものは1.5ユーロ〜となってます。

毎回レジ袋を支払うのはもったいないですし、環境にもよくないので、現地の方は基本買い物袋を持って買い物に行ってます。

 

レジ袋はレジの横にあるよ!

 

まとめ

買い物する際の注意点まとめ
  • 土曜日の夜、日曜日着の便にしない
  • 料金表記が個数かグラム数なのか確認
  • 買い物かごに入れる前にしっかり中身を確認
  • 買い物袋を持っていきましょう

もし傷んだものなど購入した場合、ドイツでは提供した店舗が悪いのではなく、

購入した私たちがしっかり確認しなかったことが悪いとなります。

定員に文句を言っても「私は知らない!上層部に聞いて」と一点張りで、だいたいの場合はうやむやにされて結局めんどくさくなってこちらが泣き寝入りのケースが多いです。

これも日本とは違った文化となりますので、気をつけましょう。

 

ブログランキングに参加してます。クリックお願いします。

↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事