オススメ記事
ドイツで部屋探しは大苦戦 最近賃貸上がってるなーと感じる
スポンサーリンク

 

どうも中川です。

 

最近、引越しを考えていて部屋を探しているのですが、

中々いい物件って見つからないですよね・・・

 

バジェットをあげちゃえば、簡単に見つかるのですが、

なるべく安く好条件の探すとまぁーない!

家賃は月の出費で一番大きいので、ここを抑えられればかなり楽に生活が送れます。

 

田舎の街であれば、空き部屋も多く、賃貸も安いですが、

都会になれば空き部屋も少なく金額もぐっと上がる。

 

また、いい物件ってみんな引越したいので、たとえ見つけも競争率が高い。

ネットに出されているのもは、みんな狙っているので、非常に厳しいですよ!

連絡しても内見まで漕ぎ付けることも難しく、

部屋探しって難しいなと改めて感じてます。

 

今ちょうど探しているので、どうやって探しているか少しだけ紹介しますね。

部屋の探し方は何個かあるのですが、大まかに分けるとこの3つ

  1. 王道はネット掲示板
  2. 不動産
  3. 友人やFacebookの投稿

 

 

【ネットで探す】

ネット掲示板で探す時は主にこの4つかな。

いい物件は競争が多くて、連絡しても返信がこないことも多い笑。

メールよりも電話の方がリアクション率がいい気がします。

 

注意
1 必ず内見!
写真は綺麗に写っていても実際に行くと全然違った
こんなことは日常茶飯事です。
2  詐欺には注意!
事前にHausmeister(オーナー)とメールまたは電話で問い合わせるのですが、
ネットのみのやりとりだとばれないので正直やりたい放題です。
騙される例としては「人気の物件だから押さえるのにお金払え」などあるそうです。
払ったきり、連絡が途絶える(そこの住所にそもそも空き部屋がなかった)
→ アポを取り、しっかりと契約書の確認をしましょう。
内見せずに決めると痛い目に会うかも・・・

【内見で確認すべきPOINT】
・カビ
・損壊

 

【不動産問い合わせ】

少し前までは不動産に照会すると手数料が取られてましたが、

最近では手数料をとるのが禁止??(聞いた話ですが)であったり、

手数料無料【Provationfrei】とそもそも記載がある所もあります。

 

不動産屋はドイツ語でMaklerと言います。

調べ方は簡単【Makler 住みたい街】でGoogleで検索!

 

【友人やFacebookの投稿】

ドイツに来た当初であれば、この手は難しいかもしれませんが、

長く在住している方で、現地の友達がいる方であればこれはかなり有効的です。

友達の紹介だと入居も簡単ですし、スムーズに行けます。

 

まだドイツに住み始めたよって方

大都市であれば、Facebookのグループで掲示板を出しているのでグループ参加していると

情報が入ってくるのでいいと思います。

グループ名は【Zimmer 住みたい都市】で検索すると出てくるかと思います。

 

 

ネットに出してないいい物件は不動産が握ってます。

ネットで探しつつ、不動産にも問い合わせるのが一番スムーズかなと思います。

と言っている筆者ですが、あいにく苦戦中です笑

 

とりあえず部屋さがそーう!

 

CIAO

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事