オススメ記事
【個人目線でセレクト】普段使っているドイツの食器洗剤を紹介!
スポンサーリンク

 

 

どうも中川です。

 

ドイツ生活を始めるにあたり、どんな食器洗剤使っているの?

と気になる方もいるかと思うので、私が普段使ってる食器洗剤を紹介します。

 

とはいいながら、特定のこれがいいという物はなく、スーパーで特価商品であればお得なほうを選んでます。

食器洗剤はだいたい1-2EURほどで購入できるのでかなりお得です。

 

これは無難によかったなーと感じた物を紹介していきます。

どれもスーパーやドラックストアでよく見かける物なので、

どこでも手に入れられ、また、かなりリーズナブルです。

 

ちなみに食器洗剤のことはSpülmittelといいます。

 

ドイツの食器洗剤って、どろっとしていてかなり濃い!

洗い物が多いときは、水に溶かして使うと

【スポンジに馴染みやすく節約+洗いやすい】です。

試してみてください。

 

ドイツは環境に厳しいので、使われている素材もだいたいリサイクル可能な資源を利用してます。

 

ドイツの食器洗剤といえば、この4メーカーがメジャーです。

もちろん各ドラックストアで独自のメーカーを出してますが、金額もそこまで変わらないので、

それなら昔からある名のあるブランドの方が安心ですよね。

 

fit

Fitドイツ産です。

旧東ドイツDDRが作ったブランドになってます。

これが500mlで1EURほど。

▪️泡立ち 良し

▪️汚れ落ち度 かなり良し

※成分が強いので、手荒れに注意

 

Fitの商品のなかでFitartと呼ばれるカテゴリーがありました。

見た所3種類あってどれも有名な絵とのコラボとなってました。

少し高め設定で2,5EURほどでした。

珍しかったので、合わせて紹介しますね。

洗剤からちょっとおしゃれにしたい方はおすすめします!

 

左からこのようなラインナップ

グスタフ・クリムトのDer Kuss

アウグスト・マッケのDer Zoologische Garten

フランツ・マルクのDas Blaue Pferd

 

Pril

このPrilドイツ産です。

これが675mlで1.6EURほどです。

▪️泡立ち 良し

▪️汚れ落ち度 良し

fitほどではないですが、なかなか汚れ取れます。

容量が多くて安いので、この大きい物購入すれば結構長持ちします。

 

FAIRY

FAIRYはおそらくアメリカの会社です。

余談ですが、Plant-for-the-Planetというプロジェクトをしていて、

このプロジェクトは温暖化防止とCO2削減を目標に植林を積極的に進めているそうです。

 

これも汚れ落ちは結構いいです。

▪️泡立ち 良し

▪️汚れ落ち度 良し

Frosch

Froschドイツ産

このカエルのマーク誰もが知っているドイツの洗剤ブランドだと思います。

ドイツ来た当初は有名のブランドだったので使ってましたが

最近は購入してないですが、ハンドソープはたまに買ったりしてます。

汚れ落ちとしては、最初に紹介した物よりは私的にはそこまでかなと感じてます。

手荒れしにくい商品も多いので、汚れ落ちに特化したよりは、手肌にいいものが多い印象です。

様々な匂いがあり、種類が豊富なので、いろいろ選べる点ではいいと思います。

▪️泡立ち 良し

▪️汚れ落ち度 普通

 

 

私自身食器洗剤を使うなら、fitかPrilがいいかなって思いますが、

日常の食器を洗う程度であれば、汚れもそんなにないので

洗剤は基本的にどれでも結構落ちます。

 

正直、スーパーでちょくちょくセールしているので、

紹介したどれかがセールしてたらそれ買う感じで問題ないです笑

もしドイツで何買うか迷っている方は、参考にしてみてください。

 

 

CIAO

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事