オススメ記事
ドイツで車生活 ガレージで事故ってドアとサイドミラー変えた時の"驚愕の金額"を紹介
スポンサーリンク

 

ガレージを契約した次の日に事故ってお金がさよならした

どうも中川です。

     

    冒頭にも書いたのですが、実はガレージで事故りました。

    契約した次の日にやってしまったバカさ加減ですが。笑

    急いでて、慣れないガレージ駐車をあまり左右確認せず、感覚で行ってしまったのが仇となりました。

     

     

    前までは路駐していたのですが、最近見回りが多くて、よく駐禁を取られてました。

    路駐にはいろいろレベルがあって、普通の路駐の駐禁であれば10-15EURですが

    今年のニュースで駐禁の金額が15EURまで→55EURまでに上がると出ていたので

    急いで仕事場から近いガレージを契約しました。

     

    事故ってから修理までどうしたのかをエピソードを踏まえて紹介していきます。

    金額だけ気になる方は目次の"まとめ"に飛んでください。

     

    事故写真

       

    かなり右側のドアが凹んでいて、ぶつけたところもドアを開け閉めする部分だったのでドアは開かないし、しっかり閉まらなくて上の部分が少し空いてる感じでした。

     

    修理出すところを探してたら時間が経ってしまってその間、大雨で次の日車のシートがべちゃべちゃでした笑

     

    サイドミラーもカバーが柱にぶつけた衝撃で吹っ飛んで剥き出し状態に。

     

    いつも路駐で、路駐は結構慣れてきていたのですが、ガレージは初めてで。

    ドイツはちゃんとした駐車場が少なく、だいたいが住宅街の前の道に縦列駐車が基本です。

    最初はぶつけないか不安でしたが、これが不思議と慣れてくると感覚が掴めてきて、徐々にうまく停められるようになります。

     

     

    ガレージ契約の際には、事前にどんな感じか確認行けるのですが、

    自分の車が駐車できる大きさなのか、見てみてどうなのかなど。

    その時は難しいと思いながらも左右しっかり見て停めれたので大丈夫かと思ってました。

     

     

    ガレージの探し方

    個人的にはebayで探したほうが安くて、レスポンスが早かったです。

    検索 Parkplatz miete+住んでる場所でググるとでてきます。

     

     

     

    次の日の朝、仕事に間に合わなそうになり、慣れないガレージで急いで停めようとして、あまり左右確認せず感覚で行ったら

     

     

    バコーーーーーーーン!!!!!!!!

     

     

    はい。

    終了のお知らせの音がなりました。

     

     

    急いでいたので、あまり確認せず仕事に向かいましたが、サイドミラーだけだと思っていたので、300EURくらいかなと予想はしてました。

    まぁ300EURくらいならいい勉強かと思ってましたが。いやよくないけどwww

    帰る時見たらドアもやられていて顔真っ青笑。

     

     

    サイドミラーだけだと思っていたので、ドアも壊れてて正直焦りました。

    まずドア開かないし笑。

     

     

    いろいろなタイプのガレージがありますが、ドイツのこのタイプは駐車が難しいです。

    ガレージではよくドイツ人も事故るらしく、これは日常的だと車屋さんから言われました。

     

     

    ドイツのガレージの駐車が難しい件

     

    これがDoppelpackerと呼ばれる2台収納可能なタイプです。

    この停めている車の下にもう一台停めることができます。

    柱に電動の装置が設置していて指定の鍵を挿して回すことで、上に高く上がって下に車を停めることができます。

     

     

    この駐車場のパターンが結構ややこい。

     

    • 狭い
    • 狭い
    • 狭い
    • そして、高度なバック駐車技術が必要

     

     

    とにかく狭い。

    小さなスペースに多くの車を駐車させるために、上下1台ずつ停められるようになっています。

    これは2台収納ですが、4台収納タイプ(上下2台ずつ)もあります。

     

     

    一番嫌なのが、駐車スペースが狭いので、ドアがほぼ開かないので体を斜めにしてぎりぎりで出ないといけないことです。

    少し運転席側に寄ってしまった場合は最悪で、出れないのでめんどくさい時は助席から出ることもしばしば笑

     

     

     

    段差になっているので、少しエンジンを吹かせないと坂を登っていかないです。

    車体が低いと擦っちゃう可能性大です。

     

    こう見えて意外と坂が急なんです。

     

    どこに問い合わせる

    まず、完全に壊れている場合は、車ごと引き取ってもらわないといけないので、料金が大変になります・・・

    私の場合まだ車は動かせる程度の損傷だったので、まだラッキーでした。

     

    自分の入ってる保険で保証してくれるか確認は忘れずに!!

    自分で事故った場合はVollkaskoでないと保証はされない場合は多いです。

     

     

     ATUに問い合わせた

     

    まずは超無難な車の修理会社の大手ATUに問い合わせました。

    日曜日に事故って、車がないといろいろと面倒だったので

    日曜日のうちにメールしておいて、次の日月曜日の営業時間が始まった直後に電話で問い合わせました。

     

    何度かかけてようやく繋がったのですが、緊急だから早くメールを確認してほしいとお願いしたが、営業開始後だから確認できないので、今日中に返すと半ギレで電話を切られました。

     

    結局2日経ってもメールが来ないので、友人に知り合いに対応してくれる車屋さんはないか尋ねると、一つ紹介してくれました。

     

     

    大手は抱えるお客が多いので、かなりレスポンスが遅い。

     

     

     ドイツ人友人の紹介

     

    大手ではなく個人経営のところ。

    すぐ連絡をとって、次の日に向かったが、車のドアとサイドミラーの交換が必要で中古品を探すから見つけたら連絡をすると言って、その日は終わりました。

     

    だいたい3日程度で連絡くれると言っていたので、3日目で連絡しましたが、「探している」と一言で終わり。

     

    1週間経ち

    そろそろかなと思い、連絡するとその会社の知り合いが確認したいから持ってきてほしいと言われました。

    www 探していなかったんかい!???ってなりました。

     

    さすがに信用度がないので、違う友人に相談すると自分が普段行っているところを紹介してくれました。

     

     

     日本人の友人の紹介

     

    その場所はたまたま私の住んでる町の近くで、距離的にも歩いていけるほどでした。

    大手ではなく個人経営のところ。

     

    時間がなかったので、予約せず9時営業開始なので、8時50分に行きました。

    案の定空いてなくて、9時になり従業員がきました。

     

    車を見せて説明したところ、彼は受付担当らしく

    店長が来るまで待ってくれと言われました。

     

    次の予定があり、自分はパッと見せて見積もりだけ欲しかったのですが、結局店長は10時にも来ず

    一旦車の写真と車の詳細が書かれている緑の紙のコピー(車両免許*Fahrzeugschein)を渡しました。

     

    次の日の朝に予約をお願いして、当日その時間に向かったが、また受付の方のみで、1時間待ったが店長は時間になってもきませんでした。

     

    帰ろうとした時、たまたま店長と車ですれ違って奇跡的に対応してくれることに。

     

    提示された金額が想定よりも安く、お願いすることにしました。

     

     

    実際かかった料金

     

    まず、これがビフォーアフター!!!

     

     

     

    めちゃくちゃキレイじゃないですか!??

     

    ドアとサイドミラーとドア下の凹みの修理で

     

    1100EURでした。

     

     

    ちなみにこれをVWの正規に出すと約3000EURらしいです。

    その他個人経営でもだいたい2000 - 2500EUR程度です。

     

     

    一般的にネットで調べた個人経営でしてくれる相場料金はこちら

    • ドアの変更で最低800EUR+従業員の労働力
    • サイドミラーの変更で100- 300EUR+従業員労働力(100-150EUR)
    • ドア下の凹み直しが結構高いらしいのですが、なんていう部分かわかりません。

     

     

    今回たまたま友人と知り合いということもあり"友達プライス"だと強く念を押されました。

    ドイツでは長く在住すると、おのずと知り合いの輪が広がってきます。

    こういった友人のつながりをしっかり大事にすることで、いろいろといいことがありますよ。

     

    車の保険の種類

    こんな事故のためにも車の保険はVollkaskoにしておけばよかったと思いました。

    ちなみに中古だし、一年目は安いしHauptpflichtでいいかと思ってましたが、たまに故障するので今年からTeilkasoに変更しました。

     

    今回の事故をキッカケにVollkaskoに変えました。

    少し金額は上がりますが、もしもの時のためには安心です。

     

    ちなみに保険は、無事故であれば年々安くなりますよ!!!

    保障してくれる内容は1から3につれて内容が増えます。それに合わせて料金も高くなります。

     

     

    車の保険の種類は大きく3種類

    車の保険の種類
    1. Hauptpflicht
    2. Teilkasko
    3. Vollkasko

     

    最初の保険はCHECK24で探しました。

    その後は知り合いの勧めで変えましたが、私も最初車を購入した時、CHECK24を勧められましたし有名なので、だいたいここから予約してると思います。

     

    車の維持費はどれくらい

    車の車種によっては料金は変わりますが、私の持ってるVWのgolfで年間

    ・保険が850EUR程度

    ・税金が110EUR程

    ・2年に一回車検が何もなければ140EUR程です。

     

    だいたい1000EURあれば、年間の維持費になるかなと思います。

    保険は無事故であれば年々安くなるので、かなり安くなる可能性はあります。

     

    まとめ

    車の修理をするなら大手は確かに安心ですが、料金は高くつきます。

    修理するなら地元の修理屋さんやプライベートの会社にお願いすることです。

     

    金額はかなり安くなる場合が多いです。

    私はプライベートで1100EURで修理してもらいました。

    (今回は特別料金なので、次やったらもうちょっとしますが笑。)

    正規でドアとサイドミラーを取り替えの場合
    • ドアの変更で最低800EUR+従業員の労働力
    • サイドミラーの変更で100- 300EUR+従業員労働力(100-150EUR)
    • ドア下の凹み直しが結構高いらしいのですが、なんていう部分かわかりません。

     

    少し話を盛ってる可能性はありますが、正規のVWに出すと約3000EURはするようです。

    ネットで調べると大手で修理するとプライベート企業の約2倍の費用はかかると書いてました。

    プライベート企業だと人件費が安く、割引サービスしてくれる可能性があるため、安く提供してくれるということです。

     

    ドイツ生活において車は必須です。もちろん都会に住んでる方は交通の便も良く、駐車がめんどくさいのでいらないと思いますが。車があれば生活の幅が広がるのでかなり便利です。

     

    ただ、こういった事故や保険、修理代がかかるので車を保持することはお金がかかります。

    それでも日本で車を保持するよりずっと安いかなという印象です。

     

    一番は事故らないことですが、もしもの時は参考にしてみてください。

     

    CAIO

     

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事