オススメ記事
【ドイツ語基礎講座】ドイツ留学 サッカー用語(4)サッカーポジション名
スポンサーリンク

Guten Tag

 

どうもナカガワです。

本日はサッカーのポジション名をドイツ語学んでいきましょう。

練習参加の時、自分の得意なポジション言えないと、違うポジションをさせられて、

「アピールが全くできなかった」そんな選手も中にはいます。

 

YN
チャンスをみすみす逃さないようにしっかり覚えよう!

サッカーポジション名

デフェンス

▪️der Torwartーアヴァルト】:ゴールキーパー 

または der Torhüterーアヒューター】

▪️die Abwehr ップヴェーア】:ディフェンスの選手全般(センターバックやサイドバックなど)

▪️der Innenverteidiger 【インネン・フェアタイディガー】:センターバック

▪️der Außenverteidigerオセン・フェアタイディガー】:サイドバック

 

YN
ここでポイント!
左サイドバック、右サイドバックは
Verteidigerの前に左はLinks・右はRechtsをつけるだけ

 

▪️der Linksverteidigerンケ・フェアタイディガー】:左サイドバック

▪️der Rechtsverteidigerヒツ・フェアタイディガー】:右サイドバック

▪️der Sechserクサー】:ボランチ

 

sechsって数字の6じゃない?

 

YN
その通りでsechsは数字の6を表すよ
由来はポジションを数字で表した時にボランチは6番なんだ!
別の言い方もあるからあわせて覚えてね。
Zentraler Mittelfeld【ツェントラーラー・ミッテルフェルト】
ちなみにボランチ2枚だと
Doppelsechs【ドッペルゼックス】というよ

 

オフェンス

▪️der Angriffングリフ】:オフェンシブの選手全般 

▪️der Mittelfeldspielerッテルフェルト・シュピーラー】:ミッドフィルダー

▪️der Stürmer 【シュュルマー】:フォワード

▪️der Flügelspieler【フューゲル・シュピーラー】:ウイング

▪️der Zehnerェーナー】:トップ下 

YN
まとめた言い方を紹介してるけど、
これに真ん中はzentralまたはmittel/左はlinks/右はrechtsをつけるだけで表現できるよ。
例えばセンターフォワードはZentraler Stürmer

 

その他

▪️der Trainer 【トーナー】: コーチ、監督

▪️der Co-Trainerー・トレーナー】:セカンドコーチ

 

YN
ドイツでは監督やコーチは基本、名前で呼ぶことが多いよ。
Trainerはよく使うけどCo-Trainerと呼ぶことはほとんどないかな。

▪️der Torwarttrainerーア・ヴァルトトレーナー】: ゴールキーパーコーチ

▪️der Schiedsrichterーツ・リヒター】: 主審(レフリー)

 

YN
試合中は基本略した言い方でSchieri(シーリ)と言うよ。

▪️der Linienrichterーニエン・リヒター】: 副審、ラインズマン

 

自分のポジションは絶対に覚えよう。

それではまた会いましょう!

 

Tschüss

ナカガワ

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事