オススメ記事
スポンサーリンク

 

どうも中川です。

     

    普段私がApothekeで購入するものを紹介していこうと思います。

    怪我や病気が比較的多い私はよくApothekeに行っていたので、

    他の方よりいろいろな商品を試しているかも笑

     

    扁桃腺持ちであったり、花粉症や鼻炎。

    まだ9年ですが、すでにドイツで4回手術して、

    全身麻酔は3回、部分麻酔による手術は2回経験してしまったドイツ生活ですが・・・

    さすがにこれは極端ですが、普段から使える頭痛薬や口内炎の薬は誰でも必要な物だと思います。

     

    昔のものは捨ててしまってないものも多く、写真は家で見つけた物で紹介します。

    Apothekeに行った際にちょくちょく更新していくので、何かあった際は参考にしてみください。

    ですが、症状などは個人差があるので、かかりつけのHausarztに処方してもらってください。

     

    痛み止め

     

    痛み止め薬はSchmerztabletteといいます。

    痛み止めや熱冷ましに使われる薬剤でIbuprofenがあります。

    これは日本でも言い方は同じでイブプロフェンです。

    この写真のはだいたい50粒入って、約4EURほどです。

     

    注意

    日本では100gや200gと効き目の弱い物がありますが、ドイツは400g〜しかありません。

    私は一回で一粒飲みますが、きついと感じた方は半分に割って飲むことをおすすめします。

    ちなみに膝の手術後は1200gでその他の手術後は500gか800gを処方されました。

     

    口内炎

    私は口内炎ができやすいので、この薬は家に常備してます。

    口内だけでなく唇にできたものにも効きます。

    これかなり効くんですが、クリームなので一旦塗る部分の水っけをとる必要があります。

    ティッシュなどで拭き取るんですがこれがまたヤバい痛い・・・

    塗った後も正直かなり痛くて、しびれてくる感覚になります。

    ですが、1分ほど経つと痛みは徐々になくなるので安心してください。

     

    これで約12EURほど。

     

    口内炎をドイツ語でいろいろ言い方があります。

    上の2つのどちらか言えば通じると思います。

    • Stomatitis
    • Mundfäule
    • 【Mundhöhle / Mundentzündung】

     

    喉の痛みや咳

    風邪をひいて喉を痛くなったら

    Dobendanシリーズを使います。

    これはかなりおすすめ。私は扁桃腺持ちで喉が痛くなりがちなので使うことが多いです。

    ※写真はちょうどないので、購入時に追加します。

     

    【喉スプレー】

    Dobendan Direkt Flurbiprofen Spray

     

    【のど飴】

    DOBENDAN Direktには赤色と緑があって赤色の方が強いです。

    喉がしびれる感覚になりますが、私的にはかなり効果ありました。

    ドイツ人の多くの方もこのシリーズ使っていると思います。

     

     

     

    ACCは痰が絡まない咳のとき(から咳)に使います。

    水に溶かして飲むものですが、これは強制的に痰をを出す物なので、

    飲んだ後は咳がすごいでます。そのため、寝れなくなるので就寝前は

    10個入りで10EURほどです。

    20個40個パックもあります。個数が多くなればそれに合わせてちょっとお得になります。

     

    咳はドイツ語でHusten

     

     

    Bionorica Saft  TEはドリンク型の咳止めです。

    喘息系にも効果があるみたいです。

    喘息はAthmaBronchitisと言います。

    Bionoricaには玉薬もありますが、この飲む方をよくApothekeに勧められます。

    これで5EURほどです。

     

     

     

     

    目薬

    ちなみに日本みたいなスースーする目薬は販売されてません。

    販売されているのはこのボトル型と、一回きり仕様の小型のものです。

    有名なメーカーで目薬欲しいというと、このシリーズを出してきます。

    よくApothekeで見かける色は緑と水色です。

    ※コンタクトレンズ用ならコンタクト用があるのでいう必要があります。

    目薬はAugentropfenっていいます。

     

    商品よってですが、だいたい6EUR-10EURです。

     

    花粉症

    花粉症といっても人それぞれ症状が違うので、

    最初に何の花粉なのかHausarztにいってどの薬がいいのか相談しましょう。

    飲むと眠くなるものあるので、仕事がある方や薬を飲んで眠くなりやすい方は、

    医者に眠くならないやつが必要としっかり伝えましょう。

    ▪️花粉症用の目薬や鼻シュッシュもあります。Livocab direktなど

     

    ちなみに花粉症はPollenallergieHeuschnupfenです。

    筋肉痛や筋肉の痛み

    筋肉痛や筋肉系の痛み(肉離れ等)に効きます。

    これは日本でもあるのでご存知かもしれませんが、ヴォルタレンです。

    オレンジと青色がありますが、おそらく青の方が効果が強いです。

    この写真のは150gでだいたい20EUR前後です。

     

    Finalgonは筋肉を温めるときに使います。

    例えば、きつい筋肉痛や肉離れしそうな予感があるときに使います。

    これ塗りすぎると、本当にヤバいので注意が必要です。

    ※水でクリームを取ろうとしても逆に一気に熱くなります。

    私はドイツの極寒の冬の試合時にこれを塗ると筋肉が温まるので使ってました。

    これがだいたい7EURほど。

     

     

    CIAO

     

    スポンサーリンク

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事