オススメ記事
【ドイツサッカー留学】チーム決めのために行く元プロが参加するトレーニングキャンプVDVとは?
スポンサーリンク

 

どうもナカガワです。

 

ドイツでシーズンが終わりチームと契約を切り、新しくチームを探しているけど中々練習参加までこぎつけられない、そんな苦しい時期を過ごしている選手はたくさんいます。

私もその時期は何度も経験しています。

 

今回は私が2016年に実際に参加したVDVに関して書いていこうと思います。

大まかなサポート内容としてはチームとの契約がない選手がこのキャンプに参加することで、VDVがチーム決めの手助けをしてくれるのが一番の魅力です。

 

基本キャンプ参加者は元プロ選手が基準となるため、一度でも4部以上でプレーした経験のある選手優先に審査が通ります。

※人数の兼ね合いでその他の部でも審査が通る可能性もあります。正直ここの基準は曖昧です。

  • 現在無所属でチームを探している
  • 以前ドイツ4部以上でプレー経験がある

現在チームがなく、次のアテが行き詰まっている選手は行く価値ありですので、まずは登録から始めましょう。

VDVとは

VDVとはVereinigung der Vertragsfußballspieler e. V.の略称

 

キャンプを通じてコンディションを整え、興味がある選手がいた場合はこのVDVを通してオファーがくるシステムとなっています。

ここに登録することによって、無所属でチームを探してますよというアピールにも繋がります。

 

シーズンが終わり、どこからもオファーが来ず来年度どうしたらいいのか不安になるだけでなく、その期間はチーム練習ができないため、個人で体を動かしてコンディションを保たなければいけません。(5月下旬から移籍マーケットが閉まる8月終わりまで)

 

やはり個人練習だけではボール感覚やフィールド感覚は失われていく一方です。

 

ですが、この元プロキャンプでは契約がない選手が集まり、コンディションを維持し、オファーがあればすぐ紹介してくれる画期的なシステムです。

4泊5日でトレーニングキャンプを行い、キャンプ終盤にブンデスのチームや他国のプロチームと練習試合をし、その試合にスカウトが見にくる形式です。

 

その試合で結果を出せば、スカウトの目に止まり、直接オファーや練習参加にこぎつけることができます。

元ブンデスリーガー3部や2部、他の国からも来るので多国籍の選手と一緒にプレーできたり、他国の

上位リーグと試合できるいい経験を積むことができます。

 

ちなみに私の時は当時スペイン1部のマラガとオランダ2部のジタードと試合しました。

 

みんな契約を何としても勝ち取りにきているので「俺が俺が」精神の自己主張がやばくて正直チームとしては成り立ちません。笑

料金と登録方法

まずはVDVに選手登録をする必要があります。

下記の登録用紙に記入の上、info@spielergewerkschaft.deにPDFで送付します。

file:///Users/nakagawayuki/Downloads/VDVMitgliedsantrag.pdf

審査が通れば、キャンプ参加が認められます。

 

料金は前に所属していたリーグによって変わります。※年間費

1部に所属:270ユーロ

2部:210ユーロ

3部:150ユーロ

4部:90ユーロ

その他:60ユーロ

 

この料金には宿泊代、食事代、練習着貸し出し代が含まれています。

現地での飲み物と交通費のみ個人負担となります。

 

有名アスリート300人以上愛用の高機能インソール【TENTIAL】

場所と行き方

【HP】https://www.sportschule-wedau.de/

【住所】Friedrich-Alfred-Straße 15, 47055 Duisburg

まず電車でDuisburg HBFにいきます。

  • タクシーで行く
  • 電車を乗り継ぎDuisburg Schlenkまで行く

 

電車に不安な方は4キロないくらいなので、タクシーがおすすめです。
10ユーロちょっとで行けると思います。

まとめ

VDVはかなり価値のあるキャンプだと思います。

チームの契約が終わると次のチーム決めまでコンディションを自主練のみで保つことは正直無理です。

相手がいてこそのサッカーなので、技術やボールの感覚は必然と落ちていきます。

 

このキャンプではプロチームとの試合で試合感覚を保つことができるのが最大のメリットです。

私もこのチームが決まらない時期は何度も経験しているのでやるせない気持ちはよくわかります。

もし行き詰まったらVDVも一つの選択肢として考えておいてください。

 

それではまた!

チュース

ナカガワ

 

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事